会社にいるベトナム人留学生アルバイト

Pocket

食品工場の工場長をやっています。

うちの会社では、3年前くらいからベトナム人留学生のアルバイトが増え、常時20名ほど在籍しています。労働力としてものすごく助かっている半面、二十歳そこそこの日本語もほとんど理解していない子たちを一から教えて行くのは並々ならぬ苦労があります。

でも、彼らが来てから社内の雰囲気が若々しくなり、笑顔が多くなりました。泣かされることもしょっちゅうありますが、私は彼らが大好きです。そんな彼らとの交流を通じて、ベトナム人留学生の実態を書き綴って行きます。

日本に来る留学生は年々増加しており、平成29年に調査した数で約26万人だったそうです。ここ数年は、毎年前年より2万人以上増えているので、今は30万人を越えているかもしれません。

国別第一位は中国人です。うちも一番最初に雇った外国人は中国人でした。今もほんの数名在籍していますが、裕福になったからか、工場の仕事にはめっきり応募が来なくなりました。第二位がベトナム人です。ここ数年の伸び率はものすごいです。留学生全体の4分の1がベトナム人です。コンビニや牛丼屋なんかでも最近はベトナム人アルバイトだらけになりましたね。

10年前に比べて留学生の数は倍以上になっています。ちょっと街中を歩けば、観光客以外にも在住している外国人の姿が本当に多くなりました。今後、いろいろ深刻な社会問題も出て来る気がしますが(すでに出ている?)、縁あって出会った留学生たちには、日本のルールをきちんと守り、日本での生活を楽しんで、たくさん学んで帰って行ってもらいたいです。もちろん、永住を目指すなら、末永く交流出来ますが。

うちに最初に来たベトナム人は、アルバイトを斡旋する業者から打診があって試しに採用してみました。その業者が留学の手配もして、来日したばかりで自力では仕事を探せない子たちに代わって企業に打診していたようです。ベトナム人は初めてだったので、最初は躊躇しました。まずある程度は日本語が通じないと教えることも出来ないからです。中国人の場合だと、当時は日本語堪能な先輩アルバイトがいたり、筆談でもなんとか意思疎通は出来るので問題なかったのですが、ベトナム人は正直どうなのだろうかと迷いました。

紹介手数料等もなかったので、試しに一人だけ入れてみました。22歳の男の子でしたが、ギリギリ必要な日本語を理解可能なレベルだったので、なんとかなりました。手順や材料の名前なんかを教えるとすぐにベトナム語でメモしたり、画像を撮ったりして、とてもがんばっていました。同時期に日本人のアルバイトも何名か採用したのですが、全然やる気が違いました。日本人の方は、日本語が理解出来る点だけがベトナム人の子よりアドバンテージがあるだけで、作業の丁寧さや覚える早さはベトナム人の方が上でした。そして、その一生懸命さには自分の仕事に対する姿勢も顧みずにはいられませんでした。

あまりに最初の子が有能だったので、すぐに三名追加で採用しました。その子たちは全く日本語が理解出来ないレベルで、正直使い物にならなかったのですが、最初の子が先輩としてきっちり指導してくれたおかげで、三か月くらいでとりあえずは安心出来るレベルに育ちました。

最初の子は、勉強もすごいがんばっていました。日本の大学を卒業して、日本企業に勤め、キャリアを積んだらベトナムに帰り、起業して日本企業と取引きしたいという明確な人生設計が出来ていました。彼が在籍していたのは一年半くらいでした。無事、大学に合格しましたが、うちの会社からは離れた場所だったので、残念ながら退職しました。その後もちょくちょく近況報告してくれるのですが、順調に行っているようです。

一人目がたまたま優秀な子だったので、ベトナム人留学生はみんなこんな感じなのだろうと素晴らしいイメージを持っていたのですが、すぐに大間違いだったと気付かされたのです。

一人目が辞めた時点ですでに他に10名ほどのベトナム人アルバイトが在籍していました。全体的に必死で勉強しようという意思は感じられず、後々ベトナム人が日本に留学する事情を理解したときに気付きましたが、大半はきっと日本で働けば金持ちになって帰れるというような甘い言葉に騙されて来たようです。

一人目は大学入学というおめでたい理由で気持ち良く送り出すことが出来ましたが、二人目の退職者は残念な結果になりました。ある日、会社に日本語学校から連絡があり、二人目の子の出席率が悪くてこのままだと退学になるとのことでした。本人を呼び出し、話を聞いたところ、ほとんど学校へは行かずに遊び呆けていたのです。二十歳そこそこのまだお子ちゃまな子が、日本に来れば確かに楽しいことだらけなのでしょう。また、時給1000円もベトナムだと時給4000円くらいの価値があるわけですから、月に10万円も稼げれば調子にも乗ります。しかも、さらに同じパターンで2名がイエローカード出されてしまいました。

残念ながら、その3名は結局退学させられ、日本でちょっと遊んだだけで帰国となりました。ここ最近は、ベトナムからの留学生急増により、もろもろ審査が厳しくなっていて、来たくても来られない状況のようです。せっかくチャンスを得たのに、もったいなかったですが、ベトナムで元気にやっていることを願っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です