来日二年目からの現実

来日したベトナム人留学生は、まずは日本語学校での生活に慣れることから始まります。日本語学校は、同じベトナム人も多数いるので楽しく過ごせるようです。レクリエーションも充実していて、大体ディズニーランドやお台場に行くようで、在学中に京都に修学旅行に行く学校もあります。学校によるのかもしれませんが、ベトナム語を話せる職員もいて、とりあえず学校生活は問題なく始まる子が多数です。

しばらくするとアルバイトを探し始めます。日本語がたどたどしい子たちは、まず自力では職にありつけません。日本語学校からの斡旋や、すでにアルバイトしている先輩や親戚からの紹介でなんとか見つかるようです。うちの会社でも最初は斡旋してもらっていましたが、途中からはアルバイトの子たちからの紹介で新しい子を採用して来ました。面接のときにはほとんどの子があいさつしか出来ません。パスポートや在留カードをコピーさせてもらいますが、その写真も素朴なアジアの若者という感じなのですが、一年もいっしょにいるとその変化に驚かされます。日本語はN3レベル程度には上達して、仕事上の意志疎通なら問題なく、たまに日本語で冗談を言って来たりするくらいになります。また、外見の変化もすごくて、男子は髪型や服、身に付ける物があかぬけて、女子も化粧するようになります。良くも悪くもの変化なのですが、成長を目の当たりに出来て楽しいです。また、自分たちも成長していかなければと逆に教えられています。

続きを読む →

ベトナム人留学生が来日してからの過ごし方

ベトナムから来る留学生たちは、どうやら斡旋業者に150から200万円の手数料を払って来るようです。物価が日本の4分の1くらいだと考えると、600から800万円の負担になります。中には裕福な家庭の子もいて、親・兄弟が一括払いで負担してくれて、何の心配もなく来日する子もいますが、大半はそのまま借金を背負ったままやって来ます。地方出身者は、家や土地を担保にして借金するようなので、本人が来日してすぐに退学になったりして強制送還されれば一家全員路頭に迷うというようなケースもあるみたいです。日本人が半分観光気分でアメリカやヨーロッパに留学するのとは背負ったものが違うんだなと感じています。

続きを読む →

会社にいるベトナム人留学生アルバイト

食品工場の工場長をやっています。

うちの会社では、3年前くらいからベトナム人留学生のアルバイトが増え、常時20名ほど在籍しています。労働力としてものすごく助かっている半面、二十歳そこそこの日本語もほとんど理解していない子たちを一から教えて行くのは並々ならぬ苦労があります。

でも、彼らが来てから社内の雰囲気が若々しくなり、笑顔が多くなりました。泣かされることもしょっちゅうありますが、私は彼らが大好きです。そんな彼らとの交流を通じて、ベトナム人留学生の実態を書き綴って行きます。 続きを読む →